兵庫神戸市ビル解体工事現場で事故

兵庫神戸市ビル解体工事現場で、

高さ20mの横幅30mの柵倒壊事故が発生して

通行人が下敷きになり全治1~2ヶ月のケガを負ったとの事。

 

原因としては、人為的事故の可能性が高いとの事

重機の操作ミスで重機のアームの先についた爪が外れて、

鉄骨が内側でなく外側に倒れてしまい、鉄骨の重みで足場ごと崩れ柵が倒壊したと見られてます。

 

ケガで済んで不幸中の幸いです。

二度と起こらないように対策して欲しいです。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    管理人 (金曜日, 04 4月 2014 14:04)

    お疲れ様です。